HOME  >  イノベーション  >  R&D&I戦略

イノベーション

R&D&I戦略

日華化学は75年以上にわたり界面科学・毛髪科学を研究し、有機化学、高分子化学、ナノテクノロジーなどの基盤技術を核として、「製品を売るにあらずして技術を売る」をモットーに新製品の開発を進めてきました。
これからも「世界中のお客様から最も信頼されるイノベーションカンパニー」を目指し、高付加価値技術をベースにオープンイノベーションを推進し、お客様と共に新たなソリューションを提供し続けてまいります。

オープンイノベーション戦略

NICCAグループの更なる成長のためには、既存事業でのイノベーションと、繊維加工用薬剤事業、化粧品事業に次ぐ将来の事業の柱となる新規事業の創出が不可欠であると認識しております。
研究開発の中核拠点 「 NICCA イノベーションセンター」(以下 「 NIC 」 )を軸に、より一層ビジネスパートナーとの距離を縮め、社内外の情報やアイデアを組み合わせることで、新しい製品と事業の創出を加速してまいります。
また、 NIC を産官学連携のプラットフォームとして活用することで、各分野でのオープンイノベーションを推進し、早期事業化につなげてまいります。

グローバル研究ネットワークの強化・拡大戦略

NICCAの強みであるグローバルネットワークを進化させ、世界に通用するグローバル製品の創出を図ってまいります。アジアを中心に展開するグループ各社との連携を強化することで、開発の効率化やシナジー効果を発揮し、新技術領域の開拓促進を積極的にすすめてまいります。

EHS(環境・健康・安全)戦略

SDGs実現への貢献は、もはや私たち化学メーカーの重要なミッションとなっています。
今後すべての新規開発テーマについてはEHS(Environment:環境・Health:健康・Safety:安全)のいずれか1項目以上に合致したもののみに取り組み、サステナブルな開発をより意識した活動を進めてまいります。