トップページ > リクルート > 界面活性剤って?

界面活性剤って?


界面活性剤の例

界面活性剤は、2つの物質の境界面に働きかけ、その性質を変えていきます。
簡単な例で説明をします。

界面活性剤の例

界面活性剤の例

界面活性剤の例

界面活性剤の例

界面活性剤の例

界面活性剤の例

油が非常に細かな粒となって水中に安定に存在する状態(牛乳状)

界面活性剤の例

例:なぜ水と油は混じり合わないの?

界面活性剤の例

水と油をひとつの入れ物に入れると、はっきりと2つの層に分かれます。
いくらかき混ぜても、また2つにわかれてしまいます。ところが、この中に石鹸を入れてよくかき混ぜると、水と油は混ざりあい、牛乳状になります。
この場合の石鹸が実は界面活性剤です。2つの異なった性質を持つ物質の境界面に働きかけ、その性質を変える。これが、界面活性剤の働きなのです。

界面活性剤の例

界面活性剤の例

界面活性剤には主に5つの作用があります。

界面活性剤の例

1.湿潤作用・浸透作用

界面活性剤の例

湿潤・浸透作用

界面活性剤の例

界面活性剤の例

はすの葉やガラスの表面に水を落とすと丸い水滴になります。ウールなどの繊維を水に入れても、繊維の中に水はなかなか染みこみません。これは水の界面張力が強く働いているためです。
水に界面活性剤を入れると界面張力が下がり、繊維の表面に吸着し水となじみやすくなるため、繊維中に水が浸透します。これを浸透作用と言います。

界面活性剤の例

2.分散作用

界面活性剤の例

 

分散作用

界面活性剤の例

界面活性剤の例

界面活性剤の例

カーボン(スス)のような粉体を水にいれても、混ざり合わずに表面に浮かんでしまいます。
これに界面活性剤を入れると、カーボン粒子が界面活性剤の分子に取り囲まれて、水中に分散します。このように水になじまない物質を水中に散らばらせる作用を分散作用と言います。

界面活性剤の例

3.乳化作用

界面活性剤の例

 

乳化作用

界面活性剤の例

界面活性剤の例

水に油を混ぜようとしても、分離してしまいます。これに界面活性剤を加えると親油基が油の粒子に吸着し、油は界面活性剤にとりかこまれ、親水基が外側に並びます。界面活性剤が水/油間の仲介役となり、水と油が均一に混ざり合う事ができます。これを乳化作用といいます。

界面活性剤の例

<例> 牛乳はそれ自身含んでいる界面活性剤の働きを示す
物質によって水に油が乳化している状態です。

界面活性剤の例

4.起泡作用

界面活性剤の例

 

気泡作用

界面活性剤の例

泡とは空気が液体の薄い膜で包まれたものです。界面活性剤水溶液の薄い膜は表面張力が低く、膜ができやすく、破れにくい。
これが界面活性剤の起泡作用と呼ばれるものです。

5.洗浄作用

界面活性剤の例

 

洗浄

汚れ(油)の付着した繊維を精練剤(界面活性剤)の液に浸す

界面活性剤の例

界面活性剤の例

界面活性剤が繊維や油に吸着し、『浸透作用』により、繊維と汚れの間に界面活性剤が入り込む

界面活性剤の例

界面活性剤の例

熱や機械的なもみ効果により、汚れが繊維上から引き剥がされる

界面活性剤の例

界面活性剤の例

界面活性剤の『乳化分散作用』により汚れが精練液中に安定に分散する(再付着を防止する)

界面活性剤の例

界面活性剤の例


▲このページのトップへ戻る