HOME  >  株主・投資家情報  >  トップメッセージ

株主・投資家情報

トップメッセージ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
2019年12月期(第106期)第2四半期決算概況についてご報告申し上げます。

当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、雇用環境の改善傾向が持続し、設備投資マインドも堅調を維持した一方、米中貿易摩擦の影響や中国経済の悪化により世界的に景気減速の様相を見せており、景気先行きに不透明感が強まっております。また、世界的な環境規制の強化、化学品規制の動向、金融資本市場の変動、原油価格の上昇など、引き続き注視が必要な状況が続いております。

このような中、当社化学品事業においては、ベトナムや南西アジアにおける市場開拓、半導体加工薬剤の販売が好調に推移し、業務用クリーニング薬剤の販売が堅調に推移した一方、主力である繊維加工用薬剤は暖冬や米中貿易摩擦、中国環境規制などの影響により中国を中心に需要が伸び悩みました。また、昨年来の中国原料供給不足が長引いたことで情報記録紙用薬剤が販売減となり、対アジア通貨円高による影響も受けました。

化粧品事業においては、主力のデミ コスメティクスが、主力ヘアケアブランドの拡販や新商品発売により堅調に推移した一方、デミ コリアが韓国市場環境の影響を受け、また山田製薬のODM事業における大口顧客の在庫影響により大幅売上減となりました。

この結果、中期経営計画「INNOVATION19」の最終年度である2019年度上半期の業績は、前年同期比で売上高は4.5%減、経常利益は46.2%減となり、大変厳しい結果となりました。

2019年度下半期も外部環境は引き続き厳しい状況が続くと予想されることから、2019年度通期業績予想を、売上高は480億円へ、営業利益及び経常利益は16億円へ下方修正いたしましたが、当下半期は、次の中期経営計画に繋がる極めて重要な半年間と認識しております。当中期経営計画での全社経営戦略「イノベーションの推進」「グローバルネットワークの強化と拡大」「『勝ち続ける』経営基盤の構築」に着実に取り組み、激変する経営環境に左右されない強固な経営基盤の構築を図ってまいります。

引き続き、変わらぬご支援とご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 江守 康昌