トップページ > 技術開発 > ソリューション提案 > 担当者の声 撥水加工剤「バリガードシリーズ」
日華化学の問題解決力(ソリューション)

問題解決事例

クリーニング これまで難しかった「綿への撥水加工」と「撥水加工処理の低温化」を実現。 撥水加工剤「バリガードシリーズ」
担当者の声

近藤 志郎
お客様視点の研究開発を大切にしています 研究開発本部 洗浄グループ 主任研究員 近藤 志郎
水を吸いやすい性質を持つ綿の撥水。さらに低温でできる撥水加工は、業界では不可能とされていました。当社に繊維やクリーニングの技術があったことはもちろん、他社がやっていないことを実現し、市場を拡大しようという部門全体の熱意がヒット製品を生んだと思います。これからも、お客様により価値のある製品を開発し続ける努力、現場で学んだお客様の視点で、研究開発をしていきたいと思います。

撥水加工剤「バリガードシリーズ」
消費者ニーズの高い「綿への撥水加工」と「撥水加工処理の低温化」を実現した製品です。低温処理で十分な撥水効果を得ることができるため、生地を傷めることもなく、生産性アップやコスト削減につながります。
クリーニング製品一覧お問い合わせ

▲このページのトップへ戻る