トップページ > 製品情報 > 光架橋性人工核酸 CNVシリーズ > 製品紹介・応用例 > 【製品情報】第一世代光クロスリンカー:CNV-K
製品紹介・応用例
可逆的な光クロスリンク反応を行う人工核酸 CNVシリーズ
【製品情報】第一世代光クロスリンカー:CNV-K
製品名CNV-Kphosphoramidite
Name CNV-K phosphoramidite
Synonyms 5'-O-(4,4'-Dimethoxytrityl)-1'-(3-cyanovinylcarbazol-9-yl)-2'-deoxy-β-D-ribofuranosyl-3'-[(2-cyanoethyl)-(N,N-diisopropyl)]-phosphoramidite
Formula C50H53N4O6P
M.W. 836.95
CAS No. 1157899-72-3
Purity by HPLC > 99%
Package 250mg
Freezer storage -20 to -80℃, dry and dark place

CNV-Kホスホロアミダイトの典型的なHPLCチャート

右図はUV照射による光架橋反応のUPLC解析結果です。
CNV-Kを組み込んだオリゴDNA(ODN(CNVK))と、チミンを含む相補鎖(ODN(T))のそれぞれに由来するピークが光照射の時間依存的に減少し、光架橋体(Retention time 3.5min)が増加していく様子が確認できます。
UVの照射1秒後には、ほぼ全てのオリゴDNAが架橋しています。
(UV:366 nm, 1200 mW/cm2, 焦点距離 1.5 cm2)

▲このページのトップへ戻る