トップページ > トピックス
トピックス

2017/09/01
企業情報
「非環状型機能性人工核酸の開発」がJSTによるA-STEP募集において、ステージⅡに新規採択されました。

 2017年8月23日、当社と名古屋大学大学院工学研究科と、北海道システム・サイエンス㈱との共同研究である「非環状型機能性人工核酸の開発」が、JST※1の平成29年度の研究成果最適展開支援プログラム「A-STEP ステージII(シーズ育成タイプ)」※2の新規課題として採択されました。

 「非環状型機能性人工核酸の開発」は、配列特異性が高く、分解酵素に対しても安定な非環状型機能性人工核酸の純国産技術プラットフォームを、設計から生産、機能評価まで一体となった体制で整備することを目指しています。
 現在非常に活発な核酸分野において、探索研究から臨床研究に至るすべての段階で、一貫したソリューションを提供することで、事業展開を図ってまいります。

※1 JST
国立研究開発法人 科学技術振興機構。「科学技術イノベーションの創出」をテーマとする基礎研究などに取り組む中核的機関。文部科学省管轄。

※2 A-STEP ステージII
・A-STEP/
大学や公的機関などが開発した重要な研究成果を実用化できるよう、企業と協力し効率的に創出することを目指す事業。
・ステージⅡ/
ⅠからⅢまでの3つのステージのうち、企業ニーズにつながるシーズとしての可能性を検証するステージ。

<JST公式webサイト>
http://www.jst.go.jp/

一覧へ戻る
▲このページのトップへ戻る