トップページ > 株主・投資家の皆様 > ディスクロージャー方針
ディスクロージャー方針

基本方針

当社グループが持続的な成長を果たす上で、株主をはじめとする投資家の皆様は強力なサポーター及び理解者であると位置づけています。株主及び投資家の皆様との対話を積極的に推進し、適時、適切、公平な情報開示を行い、長期的な信頼関係を築くと共に、双方向のコミュニケーションを通じて透明性の高い経営と改善に努めることを基本方針としています。

情報開示基準

当社は、会社法、金融商品取引法その他の適用ある法令及び金融商品取引所規則に従って、公正、詳細、かつ平易な方法によって、財務及び業務に関する事項を開示します。
また、前項に該当しない情報であっても、ステークホルダーにとって重要と判断される情報について、非財務情報も含め、当ホームページへの掲載等により広く開示することに努めます。

情報開示の方法

当社は、金融商品取引所規則に基づき適時開示が求められる情報については、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開いたします。
また、金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の報告書類は金融庁の電子開示システム(EDINET)にて公表いたします。
原則、TDnet、EDINETにて公開した情報については、速やかに当社ホームページ上に掲載します。

ただし、当ホームページへの掲載は、準備の都合上、公表から遅延する場合もありえますので、あらかじめご了承ください。

将来の見通し

当ホームページに掲載されている情報の中には、当社の将来に対する見通し及び計画に基づく予測が含まれている場合がございますが、経済情勢の変動等に伴うリスクや不確定要因により、実際の業績はこれら業績予想と異なる可能性があります。

沈黙期間

当社はIR自粛期間を定めておりませんが、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期月(四半期決算を含む)の終了日より決算発表日までの間、当社からは事業見通しや事業成果についてコメントをすることを控えさせて頂きます。

ただし、業績予想を大きく外れる見込みが生じた場合には、開示規則に従い適時開示致します。

内部情報管理(インサイダー取引の未然防止)

当社は重要事実の公表および内部情報に関する管理基準等についての運用指針を定めるべく、インサイダー取引規制に関する規程を設けております。さらにインサイダー情報管理に関し運用を徹底するべく、役員および社員の教育にも注力しています。


▲このページのトップへ戻る