トップページ > 製品情報 > 光架橋性人工核酸 CNVシリーズ
注目商品

光架橋性人工核酸 CNVシリーズ

遺伝情報の発現・抑制を光でコントロールする

用 途
DNA/RNA合成試薬
製品紹介・応用例
修飾オリゴ核酸合成

お問い合わせはこちら
TEL 0776-25-8648(研究開発部直通)
受付時間 月〜金(祝日をのぞく)9-17時まで
MAIL
下記お問い合わせフォームから
お問い合わせはこちら
より詳細な研究例、論文はこちら
藤本研究室
本事業はJSTからライセンスを受け、試薬の製造・販売を行っています。
精密有機合成の知見をライフサイエンスの分野へ
日華化学では、遺伝子工学に技術革新をもたらす「DNA光操作システム」の事業化に取り組んでいます。
従来、DNAの編集・操作は煩雑な酵素法や化学反応で行われていましたが、北陸先端科学技術大学院大学 藤本教授が発明したCNVシリーズ(CNV-KおよびCNV-D)をDNAに組み込むことで、光を用いて自由自在にDNAを操作することができます。このユニークな性質を用いた研究は学術的に高く評価され、先端医療だけでなく、ケミカルバイオロジー、ナノテクノロジー、環境分野などへの応用が可能です。
当社は、この技術に着目し、藤本教授らと共同研究を重ねた結果、当社のコア技術である精密有機合成の知見を生かし、本試薬の工業スケールでの安定供給・品質の確保を実現しました。
今後成長が期待されるライフサイエンス分野において、さらなる貢献を果たすことを目的に、CNVシリーズをDNA/RNA合成試薬、および修飾オリゴ核酸として販売を開始することにしました。なお、オリゴ核酸合成は、北海道システム・サイエンス社と業務提携して行っています。
遺伝子診断(コメの品種判定)
現在では、ヒトのゲノムDNAも解読・解析できるようになり、個人がどのような遺伝子を持っているのかを知ることができるようになりました。
光架橋性人工核酸を用いた遺伝子診断は、他の手法と比較しても、操作が簡便で正確性に優れています。
たとえば、コメの品種も特定の遺伝子に対する検査を行うことで簡便に判定でき、食品偽装を防ぐことができます。
植物・動物・細菌・ヒト・・・あらゆる生物への応用も可能です。
感染症の体外診断キット
感染症や遺伝病に特異的なDNA/RNAマーカーに対し、CNVシリーズを用いることで、迅速・簡便かつ正確性に優れた病気の体外診断を行うことができます。
核酸医薬による治療
核酸医薬品はDNAやRNAの配列を認識し、好ましくない遺伝子の働きを阻害します。がんなどの、これまで治療が困難であった病気に対する克服法として期待されています。
上記の例以外にも、光架橋性人工核酸の性質を利用した様々な用途が考えられます。

▲このページのトップへ戻る