株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様へ 代表取締役社長 江守 康昌

 株主の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 2018年12月期(第105期)第2四半期決算についてご報告申し上げます。

 当第2四半期連結累計期間(2018年1月1日〜2018年6月30日)におけるわが国経済は、緩やかな回復基調が継続し、世界経済においても底堅く推移しました。しかしながら、各国・地域における政治的・地政学的リスク、金融資本市場の変動、原油価格の動向など、引き続き注視が必要な状況が続いております。

 こうした経営環境のもと当社グループは、積極的な事業活動を推進した結果、化学品事業においては、中国、ベトナムでの繊維加工用薬剤の販売が好調に推移するとともに韓国での収益性が向上し、化粧品事業においては、国内サロン様向けの販売や製造受託事業、韓国での販売がそれぞれ好調に推移し、増収増益となりました。

 また、今期(2018年12月期通期)において、中期経営計画「INNOVATION19」の売上高500億円と営業利益25億円の各目標を1年前倒しで達成する見込みとなりました。

 今後も引き続きご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


▲このページのトップへ戻る