HOME  >  サステナビリティ  >  地域・社会活動

サステナビリティ

地域・社会活動

地域社会への対応

当社では、地域社会へのボランティア活動を積極的に推進しています。


【鯖江工場】クリーンアップふくい大作戦に参加


【関東工場】旭市産業祭りに参加

<主な活動内容>

  • 地域住民として公共施設周辺の清掃作業(年4回実施)
  • 事業所周辺の清掃(月1回実施)
  • 会社見学会の開催などを通じた地域住民との融和(本社及び各工場で実施)
  • ゴミステーションの提供・騒音防止対策実施(電動リフトカーへの変更)
  • 会社周辺樹木の美化管理(定期的な剪定、害虫駆除等)
  • 災害時に地域への非常電源として、PHV車(外部電源から充電できるタイプのハイブリッド自動車)の貸し出し

地域の安全確保を推進するために、各工場では次の訓練を行っています。


【鹿島工場】防災訓練の様子

<主な活動内容>

  • 公設消防との合同防災訓練
  • 自衛消防隊の操法訓練
  • タンクからの漏洩事故訓練
  • その他、地震、爆発を想定した訓練

社会貢献活動

花はす公園に売り上げの一部を寄付

環境や人体への影響を考慮し開発された、フッ素フリー系撥水剤「NEOSEED®」は、「蓮の葉」の構造からヒントを得ました。
このたび「NEOSEED®」の着想を得た「蓮の葉」への敬意と感謝をこめ、環境保全活動の一環として、花はす生産量日本一を誇る福井県南越前町の「花はす公園」に「NEOSEED®」の売上の一部を寄付いたしました。
今後も継続的に寄付を行い公園の保全に貢献してまいります。

栄誉学友記

2017年6月22日に、国立大学法人福井大学より「栄誉学友」の称号が授与されました。
この称号は、福井大学が運営する「福井大学基金」へ寄附を行った企業や個人に授与されたもので、当社は、当基金の「同大学生の修学を支援することにより、次代を担う高度専門職業人の育成・輩出に活用する」との趣旨に賛同し、寄附を行ったものです。

アルミ付紙パックの回収

一般社団法人北陸グリーンエネルギー研究会では、パルプとアルミのリサイクル活用と共に、アルミ付き廃棄物から高純度アルミを取り出し、水素エネルギーに変換する研究が行われています。
この主旨に当社も賛同し、本社内でアルミ付紙パックの回収を行っています。2017年11月11日には、試験回収協力を5年以上継続している法人として表彰されました。
(回収量:2016年度72kg2017年度143kg)

留学生支援

当社の会長であった故江守幹男が、アジア諸国から福井県内大学に進学または在学する留学生に学資の補助として奨学金を支給することを目的として、公益財団法人江守アジア留学生育英会を1994年に設立しました。2019年度で第25期を数え、設立以来、延べ252名の奨学生の方がこの制度を活用しています。

いこっさNICCA

いこっさNICCAの画像1

近隣の地域住民の皆さまとの交流イベント「いこっさNICCA」を福井本社にて開催しました。
当社では、日頃からの当社へのご理解、ご協力に対する感謝を込めて、2005年から同イベントを2年毎に実施しており、今回は200名を超える方々が来社されました。地域の皆さまに初めてのお披露目となるNICCA イノベーションセンターの見学会や、化学実験教室、水消火器の体験等、子供から大人まで楽しんでいただけるさまざまな催しを行いました。
今後も、地域の皆様に愛され続ける企業を目指し、活動してまいります。