トップページ > 会社情報 > 女性活躍推進法への取り組み
女性活躍推進法への取り組み(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)
 日華化学株式会社では、「女性、障害者、高齢者や外国人等多様な社員一人ひとりの活躍が、会社の成長に結びつく」という経営ポリシーを基に、ダイバーシティ経営への取り組みをすすめ、その中でも取り分け「女性の活躍」については、当社の“成長戦略”として位置づけて参りました。
 
 今後も、男性を含め、すべての社員が「いきいきと活力をもって働く環境づくり」を積極的に行っていくため、改めて、「活力をもって働く」ことの意味を、以下の3つにブレークダウンしました。
●会社や社会にとって、有意義と感じる、価値のある仕事ができている
●自らが能力向上に努め、能力を最大限発揮しようという意識で仕事ができている
●性の違いなく、能力発揮に適したポジションや職務を与えられ、仕事ができている
 
 そしてそれらを測る指標を、当社が従来から行っている社員満足度調査における設問項目の1つである「現在の仕事に対して、やりがいを感じている」社員の比率と定め、その比率を2020年度末までに、現在の63%から80%まで伸ばすことを、新たに数値目標として設定しました。
 
 その目標を達成するための具体的な取り組みとして、女性の育児と仕事の「両立支援」の面からは、単に出産後も復職して仕事ができるというだけでなく、特に家庭への関心・時間的ウエイトが高くなる育児期間中に、その環境下で持てる最大限の能力を発揮してもらうために、多様な働き方を選択できる環境づくりを行います。

 また、育成・昇進等「機会均等」の面から、世の中では特に女性管理職比率の向上ということがクローズアップされていますが、当社では、社員の一人ひとりが、今よりもいきいきと働けるようになれば、自然と女性管理職比率も向上すると考え、直接的な比率向上のみを目的とした施策は行わず、一人でも多くの社員が、活力をもって働けるように、その機会を阻害する可能性がある制度の改革や職場環境の改善に取り組みます。
 
 その他の施策を含めた行動計画は、下表のとおりです。これらの取り組みを通して、社員一人ひとりが、明るく、楽しく、元気よく、誇りを持って働くことができる環境づくりを行います。
 
2016年3月31日
日華化学株式会社
代表取締役社長 江守 康昌

一般事業主行動計画内容(公表値) 数値目標と行動計画
計画期間 2016年4月1日から2020年12月31日まで
数値目標 『現在の仕事に対して、やりがいを感じている』 80%(男女共通)(現在63%)
(弊社社員満足度調査指標より)
取組内容
(※1〜4は男女共通の取り組み)
取り組みの実施時期
(制度設計期間を含む)
1.多様な働き方を選択できる仕組みづくりを行います 2016年4月1日から同年12月31日まで
2.生活ステージにあわせてポジションや職務内容等を選択できる
人事制度を導入します
2016年4月1日から同年12月31日まで
3.成果に対する考え方を見直すことにより残業を減らす
仕組みづくりを行います
2016年4月1日から同年12月31日まで
4.「管理職の魅力」を伝えるプレ・リーダー教育を行います 2016年4月1日から2020年12月31日まで
5.製造職の女性採用を増やすための環境づくりを行います 2016年4月1日から2020年12月31日まで

女性の活躍に関する情報
基礎項目
1.採用した労働者に占める女性労働者の割合
2.男女の平均勤続年数の差異
3.管理職に占める女性労働者の割合
を公表します。
基礎項目(2016).pdf
基礎項目(2017).pdf
選択項目
1.当社グループにおける正社員に占める女性労働者の割合
2.当社グループにおける管理職に占める女性労働者の割合
3.部門別における正社員の男女数(単体)
4.研究職における正社員の男女数(単体)
を公表します。
選択項目(2016).pdf
選択項目(2017).pdf

▲このページのトップへ戻る