トップページ > 技術開発 > リネン洗浄工程の改善
日華化学の問題解決力(ソリューション)

問題解決事例

クリーニング 飲食業に使われるユニフォームの色移り問題を解決しました。 リネン洗浄の工程改善

購入したユニフォームを洗浄したところ、色移りと色のくすみが起きました。当社は色移りを防ぐ製品・洗浄方法をご提案、数万点もの ユニフォームを廃棄から救いました。

この問題を解決した日華化学の繊維・クリーニング技術をご紹介します。
日華化学のソリューション力の理由
01 背景飲食業界のユニフォームの洗浄と
提供を行うリネン工場。
ユニフォームには色流れがなく、
耐久性のあるポリエステル繊維が
広く使われています。・今回、当社がソリューションをご提案したリネン工場では、飲食業を営む取引先へ、色流れのないポリエステル100%のユニフォームの洗浄と提供を行っていました。02 問題発生色が流れないはずの
ポリエステル100%のユニフォーム。
しかし取引先の品物を洗浄すると
染料が流れ、色移り・くすみが発生。
・数万点ものユニフォームが廃棄の危機に!・数万点ものユニフォームが無駄になってし
まう…。リネン工場では、問題の原因を究明し、色移りしない洗浄剤・洗浄方法を見つける必要がありました。取引のある洗剤メーカーに依頼したものの解決に至らず、当社にご相談がありました。03 営業による問題分析染料が流れたのは
ソーピング不足が原因では?
日華化学の繊維加工技術と
クリーニング技術の融合で解決できると判断。・現場を見た営業は、色移りの原因が生地のソーピング不足であると分析。幅広い製品ラインナップから問題解決に最適と思われる薬剤をピックアップしました。04 営業・研究による対応営業・研究が共同で問題解決に最適な洗浄方法を検討。・温度、洗浄剤の種類・濃度などの条件を細かく変え、何度も試験を重ね、お客様にベストな処方を検討しました。05 問題解決ユニフォームの色流れ・色移りがなくなり、
商品価値が復活!・試行錯誤の結果、日華化学の研究開発がベストな洗浄方法をご提案。その結果、ユニフォームの色移り・くすみがなくなり、洗浄後も問題なく使えるようになりました。
・数万着のユニフォームを無駄にすることなく、お客様に大変喜んでいただけました。



現場主義 多品種多機能
問題分析力 繊維をはじめ様々な分野の知識・ノウハウ・豊富な現場経験により、お客さまの問題を様々な角度で分析。解決へのヒントを探ります。
多品種多機能 「製品を売らずして技術を売る」姿勢
豊富な技術とノウハウ 繊維加工技術をはじめ、様々な事業分野で幅広い製品群を展開。様々な分野の技術を応用・組み合わせることで、さらに価値のあるご提案をすることができます。

現場主義 「製品を売らずして技術を売る」姿勢
小回りの利く対応力
個々のお客様の問題・現場に合わせ、そのお客様だけのベストレサイプをご提案する小回りのよい対応力が強みです。
ずして技術を売る」姿勢

現場主義 ご提案した処方をお客様の現場で試験。問題を完全に解決できるか確認します。少しでも改良の余地があれば、更なるご提案を行い、お客様への価値向上を追求しています。

担当者の声

▲このページのトップへ戻る