トップページ > 製品情報 > 光架橋性人工核酸 CNVシリーズ
注目商品

DiaLumie(ディアルミエ)

DiaLumie(ディアルミエ)って?

ナノダイヤモンドを使った、当社オリジナルのプロジェクター用透過型スクリーンフィルムです。スクリーンの透過性が高く、高鮮明、高コントラストな映像を実現します。

DiaLumieは透過型のスクリーンなので、まるで空間にビジュアルが浮かんでいるような演出も可能です。

ショーウィンドウのガラスにスクリーンを貼付施工したり、ロールスクリーン、タペストリー等に加工したりして、映像を投影させます。

また透明なディスプレイスタンドに貼付けてディスプレイとして使用することも可能です。



DiaLumieの特徴は?
・透過性が高いスクリーンに高鮮明、高コントラストな映像を実現。
・360°の広い視野角でどの角度からでも見える。
・大画面、曲面への投影が可能。
・高い色再現性。
なぜナノダイヤモンドなのか?

透過型でありながら鮮明な映像を映し出すという、相反する技術を実現できたのは当社独自の分散技術と、高い屈折率と光拡散性を持つナノダイヤモンドの特性にあります。

ナノダイヤモンドをスクリーンの構造に用いることにより、スクリーン上に多くの光が結像し、人の目が感知する光量が増えます。そのため透過性が高いスクリーン上でも、高鮮明で高コントラストな映像が実現します。

DiaLumieの特徴は?
ダイヤモンド結晶構造を持った粒子が極めて小さいナノサイズのダイヤモンドで、特性として高い屈折率と散乱性があります。つまりプロジェクターの光が入ってくる入射光に対して全方向に光を放つことができるので、360°の広視野角が実現できるのです。
ナノダイヤモンドとは?

リア・フロント・誕生・床からや、超短焦点プロッジェクターによる投影が可能です。
すべてのビジュアルシーンを美しく、そして効果的に演出
ミュージアム、スタジアム、ライブ会場、観光地イベント、展示会、空港、駅、結婚式場、カフェ、レストラン、美容室など。また、そのショーウィンドウなど多くの人が目に留まる場所で効果的に演出します。
ミュージアムでは・・・
スクリーンの後ろにある展示物と動画をコラボレーションさせて、迫力ある演出を作り出すことができます。
ショーウィンドウでは・・・
店内から屋外に向けてドライブシーンなどの映像を流して誘客機会を増やします。
閉店後もスライドショーによる新型車の映像を流すことで認知度アップへ。
カフェやショップでは・・・
ガラス面への貼付施工が可能で、外に向けて新商品やおすすめメニューを映すことができます。魅力的なスライドショーなどで集客効果を高めます。
美容室では・・・
ポスターの前にスクリーンを設置し、写真や動画を重ねることでいろいろな演出効果を生み出します。季節毎のヘアスタイル提案や、商品を使ったヘアスタイリング方法などを紹介してお客様の視線を惹きつけ、販促効果を高めます。
DiaLumie/ディアルミエ の仕様について
製品タイプ
NDL-100
NDL-270
タイプ
高透明
透 明
ヘイズ※1
10%
27%
全光線透過率※2
90%
82%
スクリーンフィルムサイズ
最大幅1.2m×最大長さ20m
最大幅1.5m×最大長さ20m
ご指定のサイズに対応します
※ご希望の長さでロール販売も可能です。
フィルムの形態・施工
ロールスクリーン・タペストリー・ディスプレイスタンド
ガラス面への貼付施工については別途ご相談ください
粘着加工※3
あり・なし選択可
※1 ヘイズ:JIS K7136 フィルムの透明性に関する指標で、曇度を表す。数値が低いほど透明。
※2 全光線透過率:JIS K7136 フィルムの透明性を表す数値。数値が高いほど透過性が高い。
ヘイズ・全光線透過率のデータは代表値であり保証値ではありません。
※3 粘着加工あり―貼付フィルムタイプ(ガラス、ショーウィンドウ等)、
粘着加工なし―スクリーンタイプ(ロールスクリーン、タペストリー等)
明るい場所では映りにくい場合があります。
環境設定・プロジェクターにつきましては別途ご相談ください。

▲このページのトップへ戻る