トップページ > トピックス
トピックス

2015/11/04
プレスリリース研究開発
超高速遺伝子解析用試薬の実用化に向けた取り組みを開始

当社は、北陸先端科学技術大学院大学(所在地:石川県能美市、学長:浅野哲夫)マテリアルサイエンス研究科の藤本健造教授らの研究チームと連携し、遺伝子情報を数秒で特定できる新技術の実用化を進めています。  

藤本教授らの研究チームは、光を照射することでDNAの配列の違いを見分け、遺伝子情報を判定することが可能となる核酸試薬を開発しました。現在の酵素を用いた遺伝子診断と比較して、大幅な解析時間の短縮(およそ1万倍)など効率化が可能となり、遺伝子治療をはじめとする様々な分野での活用が見込まれます。同研究チームは、遺伝子診断における課題を根本から改善する画期的な技術を確立したことにより、今年度の文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞しています。

日華化学では、現在、同研究チームが開発した酵素不要の画期的な超高速遺伝子解析用試薬の実用化に向けた取り組みを開始しています。遺伝子治療分野で求められている高速かつ高感度で簡便なシステム及び検査や診断にかかるコスト低減に向け、試薬製造ラインの導入及び試薬量産体制の確立を進めています。

今後も、当社では医療や福祉などライフサイエンス分野におけるイノベーションや研究開発を通して、皆様の健康を守り、暮らしを豊かにする製品を提供してまいります。

一覧へ戻る
▲このページのトップへ戻る