トップページ > トピックス
トピックス

2009/07/21
企業情報
クラゲ由来天然素材の研究開発・製造・販売などを行うベンチャー企業に日華化学も参画

日華化学はこのたびクラゲ由来の未利用資源の有効活用を目指したベンチャー企業「株式会社海月研究所」の設立に
丸和油脂株式会社様他と共に参画しました。
弊社は研究所の株式の33%を保有し、主に用途開発などの研究を手がけます。

これは(独)理化学研究所が(独)科学技術振興機構の“独創的シーズ展開事業 大学発ベンチャー創出推進”から
委託された「クラゲ廃棄物から抽出した新規ムチン生産の企業化」の研究開発を進めた結果、得られた成果を活用するものです。
株式会社海月研究所は「理研発ベンチャー」として設立されました。

今後2~3年間でクラゲから有用物であるムチンとコラーゲンをより効率よく抽出・製造する技術の開発および
それらの商品開発を進め、企業後4年目には年間売上高3億円を目指します。
最終目標として、環境保全の推進や大型クラゲの被害に困っている漁業事業者への利益還元、雇用創出、経済刺激など
社会的貢献につなげたいと考えています。

株式会社海月研究所 (設立2009年4月3日)
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸三丁目2番1号
資本金3,000万円
代表取締役社長 木平孝治(元・理化学研究所 協力技術員)

●丸和油脂株式会社
海月研究所の株式の60%を保有。ムチンの大量生産技術を開発。 
〒141-0031 東京都品川区西五反田39-23
代表取締役社長 倉持和夫
事業内容 1.マヨネーズ類、ドレッシング類の製造・販売
      2.マーガリン類の製造・販売
      3.精製油脂の製造・販売

*海月研究所の事業化については、すでに科学技術振興機構および理化学研究所より
「“クラゲ由来天然素材の研究開発・製造・販売”などを行うベンチャー企業設立」としてリリースされております。開発プロセスなどの詳細はこちらをご覧ください。

一覧へ戻る
▲このページのトップへ戻る